スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<ボーイング747>大阪空港に8年ぶり里帰り 12日限定




 「ジャンボジェット」の愛称で親しまれ、日本の空の主役を務めてきたボーイング747が3月末で旅客機としての運航を終える。全日空が保有する最後の2機が退役するためで、大阪空港では今月12日、周辺5市の住民を招いた遊覧飛行が予定されている。同空港では2006年以降、747の乗り入れは騒音規制のため禁止されており、8年ぶりの1日限定の里帰り。当日は空港内で写真展やパイロットの講演などの記念行事もある。

 747は米ボーイング社が1969年から生産する大型機。貨物専用タイプなども含めシリーズ全体で延べ1528機(昨年11月末)が製造され、世界約100社の航空会社が導入している。

 国内では日本航空が最初に導入。70年に初期型「747−100型」を当時の花形路線だった羽田−ハワイ線に就航させた。座席数は当時の主力機だったダグラスDC−8の約3倍で、500人以上を運べる。海外旅行を身近にし、日本の高度成長を支えた。同社は世界最多の112機を導入したが、2011年に全機退役した。

 全日空は79年に羽田−福岡、札幌線に就航させ、これまでに47機を導入した。現在の「−400型」は23機導入したが、07年4月から退役が進み、11年1月2日のパリ便を最後に国際線から引退。最近は、2機が羽田空港を拠点に新千歳、那覇の2路線で飛んでいる。

 遊覧飛行は大阪府豊中市や兵庫県伊丹市などの住民400人を公募。午後2時に離陸し、富士山付近で折り返す約1時間半のフライト。大阪空港で働くグループ会社社員が「地元の利用者に最後の雄姿を見てもらおう」と企画した。

 遊覧飛行の機長を務める井上勝喜さん(48)は兵庫県川西市出身で、飛行時間約1万1600時間のベテランだ。「747は信頼感のある機体で、大きなトラブルに遭遇したこともなく、悪天候でも安心して飛べた。私を育ててくれた747への感謝の思いを持って飛びたい」と話す。【山田泰正】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140110-00000115-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

楽譜が読めなくてもピアノは弾ける!30日でマスターするピアノ講座♪



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。