スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川崎の逃走 警察庁、防止の徹底指示




 警察庁は、杉本裕太容疑者が逃走したという事実を踏まえ、全国の警察本部に対し、容疑者の腰縄が緩まないように結ぶなどの基本動作の確認や、各地の地検とも逃走対策について再度確認するよう全国の警察本部に求めた。

 今回の事件では、取り付けていた腰縄が自然に緩んだのか杉本容疑者が意図的に緩めたのかは、はっきりしていない。ただ、警察庁幹部は「腰縄の使用方法などについてしっかりと調査する必要がある。逃走した際の状況を詳しく聞き取って調査を進め、再発を防止したい」と話している。

 また、今回は弁護士と容疑者の接見に外鍵がない取調室が使われていたことも問題視された。全国の地検支部では接見室がないことが多いため、警察庁幹部は「法務省とも協議し、接見室がない検察施設内での接見の際の課題を検討したい」としている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140110-00000507-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

プロ並みのクォリティで撮影できる!デジタル一眼レフ上達講座



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。