スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<四日市工場爆発>社長「科学的マニュアルではなかった」




  三重県四日市市の「三菱マテリアル」四日市工場で9日に起きた爆発事故で、同社の矢尾宏社長が11日、事故後初めて工場事務所で記者会見し「このような惨事を引き起こし、深くおわびする」と頭を下げて謝罪した。矢尾社長の記者会見での主なやり取りは次の通り。

 −−事故について。

 具体的な原因は不明。警察の捜査に全面協力する。現在は操業を停止しているが、安全を確認次第、再開したい。二度とこのような惨事を繰り返すことのないよう、再発防止策の策定と徹底に努めたい。

 −−訪問した遺族とのやり取りを。

 哀悼の意を表するため自宅を訪問し、おわびとお悔やみを申し上げた。遺族の心痛は察するに余りあり、言葉もないほど悲しみに包まれた。安全管理の徹底や誠意ある対応を求める声もあった。

 −−(具体的なマニュアルがないなど)安全管理の問題が指摘されている。

 マニュアルに不足があった。専門的見地から見直した上で改定するよう指示した。ふたを開ける判断基準が感覚的なものだったという指摘があるが、私も科学的な方法ではなかったと考えている。四日市工場だけでなく、全体で問題がないかを総点検したい。

 −−社長としての責任をどう感じるか。

 これだけの事故を起こした責任は感じる。二度と繰り返さない体制を構築したい。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140111-00000079-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

多汗症・ワキガをシャットアウト!スッキリサラサラ7日間メールセミナー



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。