スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超微細泡でヘドロ分解 琵琶湖の水質改善へ 立命大など




 琵琶湖(滋賀県)の底にたまったヘドロを超微細な泡で分解し、水質を浄化する実験に立命館大などの研究グループが成功した。琵琶湖南部では年間約2ミリのヘドロがたまり、異臭の原因にもなっている。グループは「大規模な土木工事に頼らず、低コストで水質を改善できる可能性が出てきた」と説明している。

 実験は、高さ約5メートル、縦横約2メートルの底なし水槽を湖に設置。ナノバブルと呼ばれる直径10億分の1メートルレベルの気泡をつくり出し、130日間にわたって循環させた。

 その結果、水中の特殊なバクテリアが活性化し、約1メートル堆積していた湖底のヘドロが平均60センチ程度なくなった。

 実験を手掛けた立命館大の今中忠行教授(微生物工学)は「(琵琶湖だけでなく)広い水域でのヘドロ除去を実現する足がかりになる」と話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140111-00000118-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

多汗症・ワキガをシャットアウト!スッキリサラサラ7日間メールセミナー



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。