スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<将棋>谷川九段「降級、仕方がない」…現役に改めて意欲

 



 第72期名人戦A級順位戦(毎日新聞社、朝日新聞社主催)で初の降級が決まった谷川浩司九段(51)は11日、「厳しい戦いが続いたので降級は仕方がない。残る対局でいい将棋を指して(B級1組での)来期につなげたい」と語り、現役続行の意欲を改めて示した。



 降級は同日未明、屋敷伸之九段(41)が深浦康市九段(41)に勝って決まった。「屋敷さんが優勢で逆転がない状況だったので、最後まで見ずに就寝した。11日朝に新聞を見て『やはり』と思った」

 今期の順位戦ではここまで1勝6敗と苦戦している。「昨年4〜9月は、他棋戦でも比較的成績がよかったが、10月以降の成績は悔いが残る。順位戦では中盤から終盤に入るところでミスをして競り合う終盤戦にならなかった将棋が多かった」と振り返った。

 A級10人の中で最年長となった。「10〜20代のころは10局中9局は実力を100%出し切れたと思うが、年齢を経るに従ってパフォーマンスが下がってきた感じがあり、もどかしく思うことも多くなってきた」と語る。

 一昨年12月から日本将棋連盟会長に就いたことについて「対局への影響は言い訳にならない。現役棋士として対局しながら運営にあたっていることで、応援してくれる方も多いと思う」と影響を否定した。【山村英樹】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140111-00000031-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

パソコンを使ってわずか3日で8万円を繰り返し手に入れた方法



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。