スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「天声人語 2014年1月12日」




 久しぶりに鹿児島市を訪ねたら、近代文学館で向田邦子の企画展をやっていた。少女時代の2年を過ごした鹿児島を「故郷もどき」と慕った人だ。大人になって何十年ぶりに再訪したとき、こんなふうに書いている▼「結局変わらないものは、人。そして生きて火を吐く桜島であった」。かの地のシンボル桜島は、約2万6千年前に誕生して火を吐き続けてきた。1914(大正3)年に起きた大正噴火から今日で100年になる▼国内では20世紀最大の噴火といわれ、流れ出た溶岩は島と大隅半島を陸続きにした。2万人余が住んでいた島でいくつも集落が壊滅したが、前兆現象に用心した住民の多くは事前に島外へ避難していた▼だが、測候所が「桜島は噴火しない」と情報を出したため、信じて逃げ遅れた人たちがいた。……
本文:625文字

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140112-00000004-asahik-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

重度の吃音(どもり)を35日で解消した経緯



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。