スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ保養地の邦人料理店主死亡、男2人を起訴




 【ベルリン=工藤武人】北海に浮かぶドイツ北部の保養地ジルト島で、昨年5月、アジア料理店経営の日本人男性、野沢幹さん(当時57歳)が殴られ死亡した事件で、独フレンスブルク地検は、37歳と50歳の男2人を傷害致死と強要未遂の罪で起訴した。

 独紙ハンブルガー・アーベントブラット(電子版)などによると、起訴は10日付。同紙によると、男2人は昨年5月中旬、野沢さんの店を客として訪れ、注文した焼きそばの味に因縁をつけ、代金計20ユーロ(約2800円)を支払わずに店を出た。男2人は数時間後に、野沢さんと島内のバーで偶然再会、店外の路上で、代金の支払いを求めた野沢さんの頭などを殴り、放置したとされる。野沢さんは翌日、収容先の病院で死亡した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140112-00000513-yom-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

プロ並みのクォリティで撮影できる!デジタル一眼レフ上達講座



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。