スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二の故郷「元気与えたい」 なでしこ・田中選手 楢葉町避難先で




 町の大半が東京電力福島第1原発事故の避難区域に指定されている福島県楢葉町が12日、避難先のいわき市にある同町の小・中学校仮設校舎で成人式を開き、新成人81人が出席した。サッカー女子日本代表で次世代エースとして注目されている田中陽子選手(20)も華やかな赤い振り袖で出席し、「福島の人に元気を与えられるようにがんばりたい」と意気込んだ。

 田中選手は小学校を卒業後、日本サッカー協会の選手育成校「JFAアカデミー福島」第1期生として、出身地の山口市から活動拠点のJヴィレッジのある楢葉町に単身留学。楢葉中をへて、富岡高(富岡町)2年の時に東日本大震災に被災して静岡県に避難し、アカデミーを卒業していた。

 会場では、久々に再会した中学時代の級友やアカデミーの同期生と満面の笑みで写真撮影。「楢葉町は第二の故郷で、お世話になった場所なので、ここの式に出たかった」と話した。

 月命日に当たる11日には震災後、初めてJヴィレッジを訪れ、「変わり果ててさみしい気持ちはあるが、元に戻れるように希望を持って前に進みたい」とさらなる活躍を誓った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140113-00000060-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

楽譜が読めなくてもピアノは弾ける!30日でマスターするピアノ講座♪



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。