スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「脱原発」争点化をけん制=解釈改憲の時期、言及せず—安倍首相

 



 【マプト時事】安倍晋三首相は12日午後(日本時間13日未明)、東京都知事選出馬の意向を固めた細川護熙元首相が「脱原発」を争点に据えるとの観測が強まっていることについて、「エネルギー政策は東京都だけでなく国民の課題だ。都知事としての(他の)課題もバランスよく議論されるべきだ」と述べ、原発問題だけに関心が集中するのは好ましくないとの認識を示した。訪問中のモザンビークの首都マプトで同行記者団に語った。
 首相は具体的な争点として(1)待機児童の解消(2)2020年東京五輪・パラリンピックの対応(3)防災—を挙げた。細川氏は、同じく脱原発を掲げる小泉純一郎元首相との連携を目指しており、首相の発言は、細川氏の動きをけん制する狙いがあるとみられる。
 また、集団的自衛権の行使を可能にする憲法解釈を変更する時期について、首相は「自然体で行きたい。今からスケジュールを決めているわけではない」と述べるにとどめた。礒崎陽輔首相補佐官は、24日召集の通常国会中に解釈変更に踏み切るとの見通しを示しているが、変更に慎重な公明党に配慮して具体的な言及を控えた形だ。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140113-00000004-jij-pol
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

重度の吃音(どもり)を35日で解消した経緯



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。