スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名義借り献金、96年から…松木元議員親族企業




 元農水政務官・松木謙公前衆院議員(54)の政治団体を巡る偽装献金問題で、松木氏の親族企業グループによる名義借り献金は、松木氏が衆院選に初出馬して落選した1996年から行われていたことがわかった。

 政治資金収支報告書に記載された複数の献金者やグループ元役員が、読売新聞の取材に当時の経緯を証言した。

 松木氏の資金管理団体「新世紀研究会」(当時は松木謙公後援会、札幌市)が設立されたのは95年4月。収支報告書によると、同年の個人献金は1人分の12万円のみだったが、翌96年には82人が50万〜150万円を献金し、計約9000万円に膨らんだ。

 複数の関係者によると、名義借り献金はこの年から始まった。松木氏の父親(84)が社長を務める「北海道通信社」(札幌市)グループの元役員は96年、松木氏の父親から「名前を貸してくれる人はいないか」と頼まれ、大学の後輩など少なくとも知人4人に声をかけて了解を得たという。

 その際、元役員は後輩らに「領収書が出るので所得税の還付を受けられる」と説明していた。元役員は「社長(父親)から頼まれれば断れないし、選挙にかかる金をどうやって都合するかという話だった」と語り、還付については「名前を貸してくれた人にも利益を与えるということ。名義借りが露見しなければ、ばれることはない」と明かした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140113-00000349-yom-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

楽譜が読めなくてもピアノは弾ける!30日でマスターするピアノ講座♪



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。