スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮設住宅の用地確保、16道県のみ…読売調査




 大規模災害時に建てられる応急仮設住宅の用地を必要戸数分確保しているのは、47都道府県の約3割にあたる16道県にとどまることが、読売新聞の調査でわかった。

 首都直下地震の被害が想定される東京など8都府県は、確保した用地が必要戸数に足りず、巨大災害が同時発生すると、約53万戸が不足する計算だ。南海トラフ巨大地震の被害が想定される自治体でも選定が進んでいないケースがあり、早急な対策が求められる。

 2年10か月前の東日本大震災で仮設住宅の用地確保が難航したことから、国は2011年10月、最悪の災害発生に備え、用地を把握し、リスト化するよう都道府県に要請した。都道府県は南海トラフ巨大地震や首都直下地震のほか、各地域の活断層が引き起こす巨大地震などを想定し、仮設住宅の必要戸数などを算出。公有地を中心に用地の選定を行っている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140110-00001531-yom-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

多汗症・ワキガをシャットアウト!スッキリサラサラ7日間メールセミナー



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。