スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首相「私もアベベ」=メダリスト次男らと五輪談議




 【アディスアベバ時事】「私の名前はアベだから、学校でアベベと言われた」。安倍晋三首相は13日午後(日本時間同日夜)、訪問先のエチオピアの首都アディスアベバで、1964年東京五輪の男子マラソン金メダリスト故アベベ・ビキラ選手の次男で実業家のイェトナイェト・アベベさん(45)らと懇談。五輪の話題で盛り上がった。
 首相はアベベ選手の活躍について「当時10歳だったが、覚えている。圧倒的な1位でゴールした後に柔軟体操をした。それが驚きだった」などと振り返った。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140113-00000084-jij-pol
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

楽譜が読めなくてもピアノは弾ける!30日でマスターするピアノ講座♪



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。