スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「汚名そそぎたい」警視庁資料流出訴訟の原告




 国際テロ対策に関する警視庁の内部資料がインターネット上に流出した事件で、資料に名前などを記載されたイスラム教徒らが東京都と国に計1億8700万円の損害賠償を求めた訴訟。

 「テロと関係あるかのように言われた。汚名をそそぎたい」。判決を前に、原告の日本人男性は語った。

 男性とその妻は、ネットに流出した資料で「テロ容疑者の関係者」と名指しされた。資料には妻の顔写真が貼られ、自宅の住所と電話番号、子どもの名前も。「イスラム教徒であることは確かだが、犯罪とは全く無縁の生活を送っているのに、なぜ……」

 流出資料を書籍にした出版社まで現れ、情報がさらに拡散したため、男性らは出版社も提訴。出版は途中で差し止められたが、ネットに流出した情報を消し去るのはほぼ不可能だ。

 「家族がトラブルに巻き込まれやしないか」。流出から3年過ぎても不安が消えないという男性は、「裁判所には毅然(きぜん)と判断してもらいたい」と話している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140114-00000201-yom-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

多汗症・ワキガをシャットアウト!スッキリサラサラ7日間メールセミナー



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。