スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<映画>「ニシノユキヒコ」試写会 竹野内さんらあいさつ




 愛を探し求めてさまよう男性と愛人たちとの恋愛模様を描いた映画「ニシノユキヒコの恋と冒険」(毎日新聞社など製作委員会)の完成披露試写会が14日、東京・有楽町朝日ホールであり、主演の竹野内豊さんや井口奈己(なみ)監督らが舞台あいさつした。



 原作は川上弘美さんの連作短編集。ニシノはプレーボーイだが、最後は必ず女性に捨てられる。演じた竹野内さんが「なぜニシノが死ぬほどモテるのか、日本男子なので納得がいかない」と話せば、井口監督は「竹野内さんに初めて会った時、妖精みたいだと思った。ニシノもそう」と応じ、会場を沸かせた。2月8日から全国公開される。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140114-00000080-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

多汗症・ワキガをシャットアウト!スッキリサラサラ7日間メールセミナー



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。