スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市長選、またも「基地」の重し 名護「本土はひとごと」

 



 基地問題を背負わされた故郷で、また選挙がある。19日投開票の沖縄県名護市長選。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設計画地に挙がって5度目の選挙は、移設に反対の現職と推進の新顔の一騎打ちだ。本土で暮らす名護出身者は複雑な思いで見守っている。



 早稲田大2年の比嘉幸太郎さん(20)は告示の12日、里帰りして成人式に出た。大音量で走る選挙カーに街頭演説。「あの候補の主張は……」。友人らは自然に選挙を話題にした。

 沖縄を外から見たくて東京に進学し2年。忘れられない出来事がある。米兵が起こす性犯罪について、父親ほどの年齢の大人から言われた一言。「沖縄が潤うための必要悪じゃないか」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140115-00000001-asahi-pol
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

楽譜が読めなくてもピアノは弾ける!30日でマスターするピアノ講座♪



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。