スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相模原の小5女児不明 「明るくいい子」「無事な姿を」 住民ら安否気遣う




 相模原市中央区田名の市立田名北小5年、篠崎倫(みち)さん(11)が11日に行方不明となってから丸3日が経過した14日、神奈川県警が氏名や顔写真を公表して幅広い情報提供を呼びかけた。篠崎さんの自宅周辺ではこの日も、警察官をはじめ、教員や保護者らが懸命の捜索を続けた。近隣住民や学校関係者らは一様に、篠崎さんの安否を気遣った。

 篠崎さんが行方不明となってから最初の登校日となった14日、同校では通常通り授業が行われたが、保護者らの協力を得た集団登下校を実施。さらに、地域のボランティアや警察官が通学路に立ち、児童の安全を見守った。小学1年の娘(7)を迎えに行ったパート女性(43)は、「この辺りは事件などあまりない地域なのに。不安です」と心細げに話した。

 篠崎さんの自宅近くに住む女性(31)は「賢くて挨拶もしっかりとしてくれる子。うちの小さい子供たちの面倒をよくみてくれます。すごく心配」と話した。この女性の小学1年の息子も「隠れん坊して遊んだりする。優しい子」と寂しげだった。

 近所の無職男性(77)も「年賀状や暑中見舞いを送ってくれる。明るくていい子。この寒さで大丈夫か心配だ」と表情を曇らせていた。

 県警によると、行方不明となった11日から14日まででに警察官延べ約660人で捜索を実施。市の防災無線で篠崎さんの特徴を広報して情報提供を呼びかけている。県警には不審者情報なども寄せられているが、有力な情報はないという。15日も約200人態勢で捜索を継続する予定という。

 市教委によると、同校では篠崎さんと同じ5年生が学年集会を開いたほか、全校生徒に「不安にならない」「みんなで篠崎さんを応援しよう」などと呼びかけたという。

 同校の沢田千枝子校長(57)によると、同校では当面の間、児童の集団登下校の見守りを続ける。また、市教委は14日から、カウンセラーを学校に派遣。当面の間はカウンセラーが毎日、児童の心のケアにも注意を払うという。沢田校長は「一刻も早く無事な姿を見せて」と話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140115-00000501-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

多汗症・ワキガをシャットアウト!スッキリサラサラ7日間メールセミナー



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。