スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サントリーの巨額買収、キリンとの経営統合破談が背景に?




 バーボンウイスキーのジムビームで知られる米酒造大手、ビーム社を総額約160億ドル(1兆6000億円余り)で買収するサントリーホールディングス(HD)。「やってみなはれ」精神で知られる同社が、巨額買収という新たな挑戦に踏み出した。

 両社の蒸留酒部門の売上高合計は約43億ドル(約4500億円)で世界3位となる。

 実質無借金の同社は、手持ち資金と銀行からの借り入れで買収資金を用意する方針。アベノミクスによる円安は為替的には不利に働くが、金融緩和によって低金利の資金が調達しやすくなっており、むしろ追い風になったようだ。

 月刊「BOSS」の関慎夫編集長は、約4年前にキリンホールディングス(HD)との経営統合が破談となったことも買収の背景にあるとみる。「キリンとの統合が消えた時点で軸足を海外に置くことを決め、資金調達手段を多様化させるためにも子会社のサントリー食品インターナショナル(BF)を上場させたのではないか。これだけ大きな買収を決断できたのはオーナー経営者ならではともいえる」

 飲料大手では、キリンHDはブラジルやオーストラリアで相次いで酒造会社を買収。アサヒグループホールディングスも東南アジアで買収を進めるなど海外でのM&A(合併・買収)に積極的だが、関氏は「今回の買収をきっかけに、さらなる大型買収が動き出す可能性はある」とみる。

 相場が大幅下落した14日の東京株式市場でサントリーBFの株価は急騰、市場はサントリーの「買ってみなはれ」精神を評価した形だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140114-00000017-ykf-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

プロ並みのクォリティで撮影できる!デジタル一眼レフ上達講座



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。