スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<奈良・西大寺>顔がすっぽり 巨大な茶わんで初釜の茶




 南都七大寺の一つ、奈良市の西大寺で15日、新春恒例の「初釜大茶盛(おおちゃもり)式」があった。参拝者らは、顔がすっぽり入るほどの巨大な茶わん(約5キロ)を支え合って持ち、初釜の茶を味わっていた。

 鎌倉時代の僧で西大寺中興の祖、叡尊(えいそん)が正月の法要の際、当時は貴重だった茶を集まった人たちに分け隔てなく振る舞ったのが由来とされる。

 寺に設けられた茶席では、僧が長さ約40センチの特注の茶せんで、直径約35センチの茶わんに5人分の茶をたてた。集まった参拝者は、大きな茶わんを両手に抱え、周囲の人に手伝ってもらいながら口元に運び、回し飲みした。【小坂剛志】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140115-00000021-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

パソコンを使ってわずか3日で8万円を繰り返し手に入れた方法



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。