スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(プロメテウスの罠)汚染水止めろ:13 政治家欠席のうちに




 原発担当相に加え環境相も兼務した細野豪志は2011年の夏から秋、被災地対応に追いまくられる。事故収束に関する問題は、内閣府政務官の園田康博にゆだねられた。
 その園田は8月中旬以降、中長期対策チームの会合を欠席しがちになる。議事録に彼の名前がないのだ。
 出席者欄に園田の名前がない9月16日の中長期対策チームの会議で、遮水壁計画は転換点を迎えた。
 同日のリポートには「海側遮水壁だけで海洋汚染防止の効果は確認できる」「現時点において当初計画の『閉ループ』を構築する必要性はない」とある。地下水の流入を止めるために福島第一原発の四方を囲む当初の構想は、以来大きく後退した。……
本文:1,007文字

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140115-00000009-asahik-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

重度の吃音(どもり)を35日で解消した経緯



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。