スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「とんでもない話」と末松氏 稲嶺名護市長の辺野古阻止発言を批判

 



 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設で、19日投開票の名護市長選で再選を目指す稲嶺進市長が市長権限で移設を阻止する考えを示していることについて、対立候補の末松文信氏は15日の記者会見で「とんでもない話だ」と批判した。

 末松氏は「県知事の埋め立て承認と同じで行政手続き上、法令や条例に合致すれば認めざるを得ず、市長の権限は(阻止まで)及ばない」と指摘。埋め立てが必要な漁港は名護市が管理しているが、「市長が政治的に利用し私物化することはあってはならない」と強調した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140115-00000577-san-pol
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

重度の吃音(どもり)を35日で解消した経緯



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。