スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<阪神大震災>武庫川にオブジェ 118の光でライトアップ




 兵庫県宝塚市を流れる武庫川の中州で16日夜、河原の小石を積み上げて「生(せい)」の文字をかたどったオブジェ(縦25メートル、横14メートル)が、同市内の震災犠牲者と同数の118個の懐中電灯でライトアップされた。川の中に幻想的な光景が浮かび上がり、震災発生12時間前の午後5時46分、集まった市民らが祈りをささげた。

 実行委員会による取り組み。震災10年の2005年、同市の美術家、大野良平さん(54)が「街と、人の心の再生」を願って制作した。川の増水で何度も流失したが、その都度、市民の手で作り直し、現在のオブジェは5代目。大野さんは「この活動を通じて、震災を伝え続けたい」と話した。【森本宗明】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140116-00000098-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

プロ並みのクォリティで撮影できる!デジタル一眼レフ上達講座



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。