スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年賀状の収納 ポイントは「眺める」「しまっておく」




 【男の生活練習帖】“唯一の交流が年賀状”になった交友関係も多いだろう。年賀状を送り合う習慣が少なくなったとはいえ、まだまだ、重要な役割を果たしている。大切な1枚がどこかに紛れ込んだりしないうちに、収納の仕方や場所を決めておこう。

 届いた年賀状をゴムでまとめて放置しておくと、いつの年のものだか分からなくなってしまう。翌年の賀状書きのためにも、ひと目でわかるよう整理、収納したい。ポイントは「眺める」「しまっておく」だ。

 収納場所を決めたら、スペースに合わせて収納ケースを準備。本棚にスペースがあれば、文房具店などで手に入るクリアファイルフォルダー(はがきサイズ)に入れて立てておこう。

 ファイルの背には年を書いて、送り主や住所が簡単に見えるように整理しておけば、探しやすいだけでなく、アルバムのように写真を眺めて楽しめる。ファイルの色や柄によって、整理しても便利。ポケットを増やしたり差し替えたりできるタイプなら、数の増減に対応でき、効率的だ。

 机の下や引き出しなどに空きスペースがある場合は、はがきサイズのミニケースを利用したい。年ごとの賀状をざっくり入れておきたい人には、100円ショップや文房具店などで手に入るはがきケースがお勧め。ケースにラベルを貼っておけば取り出しもラク。喪中はがきや住所変更通知は、必要な時にすぐ確認ができるように上の方に入れておこう。

 住所の変更などもあるので、年賀状の保管の目安は2、3年くらい。それ以前の年賀状は必要なものだけを残し、思い切って処分するのも一つの方法だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140116-00000009-ykf-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

プロ並みのクォリティで撮影できる!デジタル一眼レフ上達講座



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。