スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<秘密保護法>諮問会議が初会合 運用状況チェック

 



 特定秘密保護法の運用基準の策定にあたって意見をまとめる有識者会議「情報保全諮問会議」の初会合が17日午前、首相官邸で開かれた。安倍晋三首相は会合で「皆さんの意見をしっかり受け止め、運用基準や政令を策定する。法の運用状況をチェックする重要な役割も担っていただく」とあいさつし、会議メンバーに協力を要請した。

 諮問会議のメンバーは7人で、座長には読売新聞グループ本社会長兼主筆の渡辺恒雄氏が正式に就任。座長を補佐する主査には永野秀雄法政大教授(情報公開法)が就いた。

 諮問会議は、政府が特定秘密保護法の年内施行に向けて作成する特定秘密の指定・解除、公務員らの適性評価に関する運用基準案の策定について、専門的な立場から意見を述べる政府外の有識者による会議。法施行後も、特定秘密制度の実施状況について政府から報告を受けることとなっているが、個々の特定秘密指定が妥当かどうかをチェックする権限はない。【木下訓明】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140117-00000043-mai-pol
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

楽譜が読めなくてもピアノは弾ける!30日でマスターするピアノ講座♪



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。