スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(耕論)「違憲」と言えぬ最高裁 森野俊彦さん、久間章生さん、黒木亮さん

 



 2012年衆院選の一票の格差訴訟で最高裁は、違憲状態を言い渡した。違憲が多数だった高裁判決より明らかに後退。巨大与党への配慮か。そもそも政治と司法は対等なのか。

 ■「巨大与党」でもひるむな 元福岡高裁部総括判事・森野俊彦さん
 一昨年の衆院選の「一票の格差」訴訟で、昨年11月に最高裁が前回と同様に「違憲状態」として、選挙無効の請求を棄却した判決にはがっかりしました。
 2011年に最高裁が1人別枠方式について「違憲状態」とした上で「できるだけ速やかに廃止し、投票価値の平等の要請にかなうよう立法措置を講ずる必要がある」と国会に厳しく迫ったのに、国会は1年9カ月も、区割りの見直しをしないまま総選挙を実施したのです。……
本文:3,713文字

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140117-00000008-asahik-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

プロ並みのクォリティで撮影できる!デジタル一眼レフ上達講座



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。