スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(プロメテウスの罠)汚染水止めろ:16 凍土工法に政府推薦




 馬淵澄夫が首相補佐官だった2011年6月当時、福島第一原発の地下遮水壁として考えられたのは粘土工法だった。凍土工法も検討対象にあがったが、このときは退けられている。
 粘土工法による遮水壁の見積もりを東京電力に提案したのは、大手ゼネコンの大成建設だった。
 原発の四方に地下30メートルの穴を掘って粘土を流し込み、固まるのを待つ。工法自体は一般的なもので、技術的に難しいものではない。
 しかし2年後の13年5月、政府の汚染水処理対策委員会が推薦したのは、ライバルの鹿島が提案した凍土工法だった。大成経営陣は不思議に思った。……
本文:968文字

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140118-00000013-asahik-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

多汗症・ワキガをシャットアウト!スッキリサラサラ7日間メールセミナー



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。