スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新幹線の“先祖”80系電車に注目 4月閉館の「交通科学博物館」

 



★【レールヘブン】交通科学博物館

 4月に閉館する「交通科学博物館」(大阪市港区)に数ある展示車両のなかで、特に注目したいのが80系電車である。この電車が誕生していなければ、おそらく後に登場した新幹線の姿は大きく違った可能性がある。なぜか。

 80系のデビューは1949(昭和24)年。当時、電車は路面電車の延長線上にあるものといった認識が強く、短距離用として開発、運用されていた。中長距離は機関車が引っ張る客車列車が常識だったのである。

 その頃、世界ではアメリカをはじめ、自動車の普及に伴って鉄道は衰退傾向にあった。ときのGHQも電車の長距離運転には懐疑的だったという。そうした空気を押しのけ、80系の開発が進み、電車が中長距離で運転できることを示した。終着駅で機関車を付け替える必要もなく、運用も簡単。機関車がない分、旅客も多く運べる。

 80系の成功を土台にして、58年には高速運転に適した特急車両「151系」が誕生。東京−大阪間の日帰り出張を可能にした高性能車両の技術は、64年開業の東海道新幹線に生かされた。まさに新幹線の“先祖”といえる80系、151系を同じ場所で見物できるのが、交通科学博物館の利点である。展示物の80系が後に普及した前面2枚窓ではなく、初期型の貴重な3枚窓タイプというのもよい。

 同館によると、4月6日の閉館予定日が近づくにつれ、館内は混雑が予想されるという。静かに別れを告げたい方は、早めに来館した方がよさそうである。 (久保木善浩)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140118-00000005-ykf-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

多汗症・ワキガをシャットアウト!スッキリサラサラ7日間メールセミナー



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。