スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二重行政解消へ国が調整会議…道府県・政令市に




 政府は、道府県と政令市の「二重行政」を解消するため、重複する事業の一本化について話し合う「調整会議」の設置を両者に義務付ける地方自治法改正案を24日召集の通常国会に提出する。

 協議が不調に終わった場合には国が仲裁することも盛り込む。両者が対立する問題に国が関与することで、一定の強制力を持たせるのが狙いだ。

 政令市は現在15道府県に20ある。文化ホールや体育館など類似する施設を道府県と政令市がそれぞれ建てたり、水道や病院など重複する事業を行ったりすることが「税金の無駄遣い」と指摘されてきた。

 自治体間の争いについては、自治紛争処理委員による調停制度があるが、合意がなければ調停は成立しない。新制度では両者の意見が異なれば、市長か知事の申し出を受けて総務相が勧告することで決着を図る。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140118-00000551-yom-pol
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

プロ並みのクォリティで撮影できる!デジタル一眼レフ上達講座



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。