スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイバー防御、信販・石油も…官民協力拡大へ




 社会基盤に対するサイバー攻撃や自然災害によるシステム障害を防ぐための官民協力の指針となる、政府の次期行動計画の原案が18日、明らかになった。

 サイバー脅威の増大や東日本大震災の教訓を踏まえ、クレジット(信販)や石油、化学の各産業を、防御策を強化すべき「重要インフラ」に加えたほか、事故が起きた際、被害を食い止める危機管理策で、政府が企業を支援するのが柱だ。

 行動計画は2005年に策定され、改定は今回で2度目。「情報セキュリティ政策会議」(議長・菅官房長官)が3月に正式決定する。

 重要インフラは、公共性や、障害が発生した際の国民生活、経済活動への影響を考慮して選定され、指定された業種の企業は、関係省庁との情報共有や、サイバー攻撃に備えた演習などを求められる。05年に情報通信、金融、航空、鉄道、電力、ガス、政府・行政サービス、医療、水道、物流が指定され、追加は初めて。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140118-00001304-yom-pol
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

多汗症・ワキガをシャットアウト!スッキリサラサラ7日間メールセミナー



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。