スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「別の移設候補地を」 再選の稲嶺名護市長が会見




 沖縄県名護市長選で再選を果たした現職の稲嶺進氏(68)は投開票から一夜明けた20日、市内で記者会見し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設反対を改めて訴えた。着工手続きに絡む市長の権限で「移設工事を止められると思う」と語り、「日米両政府は別の移設候補地を考えるべきだ」と求めた。

 市長選は、稲嶺氏と、移設推進を掲げた末松文信氏(65)の一騎打ちとなり、稲嶺氏が4千票以上の差をつけて当選した。この結果について「移設推進と反対が明確に分かれ、はっきりした選択肢があった。自民党からの圧力、知事の埋め立て承認への反発が強かったのではないか」と分析した。

 移設に向けた動きには、港湾関係などで市が関わる手続きがあるとして「市長の権限を行使していく」と工事に協力しない姿勢を強調し、市の権限で「埋め立てを止めることができると思う」と語った。「これだけの反対があるのを無視して強硬に進めるということは地方自治の侵害で、名護市民の人権に関わる問題だ」と政府を牽制(けんせい)。「地元の反対がずっと続き、政治環境も含めて厳しいと米政府にも伝わることになる。別の候補を考えなければいけないのでは」と求めた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140120-00000017-asahi-pol
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

プロ並みのクォリティで撮影できる!デジタル一眼レフ上達講座



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。