スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相鉄「星天」連立事業、天王町駅の計画変更を都市計画審議会に諮問へ

 



横浜市道路局はこのほど、相模鉄道(相鉄)本線で実施されている連続立体交差事業(連立事業)について、工事の進ちょく状況などをまとめた。



この連立事業は、保土ケ谷区の西久保町から天王町駅と星川駅を経て星川3丁目までの約1.9kmを高架化し、途中9カ所の踏切を解消するもの。星川駅と天王町駅の頭文字を取って「星天」と呼ばれている。2002年に都市計画の決定と事業認可を受けて事業に着手し、現在は2018年度の完成が予定されている。

線路の高架化工事は、天王町〜星川間の天王町2号踏切から星川駅の先にある星川2号踏切まで進んでおり、1月は星川3号踏切と天王町2号踏切で橋桁の架設を予定。星川駅部では外壁工事、天王町駅部では既設ホームの撤去が進められている。

現在の計画では、天王町駅はホームを全面的に建設し直すことになっているが、建設費の節減や工期短縮を図るため既設ホームの一部を活用する計画に変更されることになり、2013年4月以降、手続きが進められている。1月24日には横浜市の都市計画審議会に諮られる予定だ。

《レスポンス 草町義和》

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140120-00000051-rps-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

プロ並みのクォリティで撮影できる!デジタル一眼レフ上達講座



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。