スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「信者助け出すと説明」=弁護側尋問に中村受刑者—オウム平田被告公判・東京地裁




 オウム真理教による仮谷清志さん=当時(68)=拉致事件の逮捕監禁罪などに問われた元幹部平田信被告(48)の裁判員裁判の第3回公判が20日、東京地裁(斉藤啓昭裁判長)であった。元幹部中村昇受刑者(47)=無期懲役確定=は弁護側の反対尋問で、平田被告に拉致計画を説明した際に「女性信者(仮谷さんの妹)を助け出さなければいけない、とも言った」と証言した。
 中村受刑者は「兄(仮谷さん)を教団施設に連れて行くと説明したが、平田被告は女性信者を助け出すという方を重視したかもしれない」と述べた。弁護側は「女性信者を家族の元から連れ戻す計画と理解していた。現場で初めて拉致と分かった」と主張している。
 午前の公判では、検察側が教団の教義について尋問。中村受刑者は「ポア」について「グルが他人の魂を高い世界に移し替えることで、殺人になることもある」と説明した。その上で、元代表松本智津夫死刑囚(58)は、「相手の魂を見切った上で(ポアを)指示していると思っていた」と述べた。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140120-00000097-jij-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

パソコンを使ってわずか3日で8万円を繰り返し手に入れた方法



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。