スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<姉妹死傷>39歳母、起訴内容認める 札幌地裁

 



 札幌市豊平区のマンションで昨年1月、小学生の姉妹が刺され死傷した事件で、殺人と殺人未遂罪に問われた母親の無職、一戸ゆかり被告(39)の裁判員裁判の初公判が20日、札幌地裁(佐伯恒治裁判長)であり、一戸被告は起訴内容を認めた。

 検察側は冒頭陳述で「交際相手に関する悩みがあり、姉妹を道連れに遺書を書いて無理心中を図った」と主張した。弁護側は、札幌市の児童相談所などの適切な介入があれば事件は防げたと指摘。事件当時、被告は精神疾患があり、大量の睡眠薬を飲んでいたことから「心神耗弱だった」として減軽を求めた。

 児童相談所などは事件前から家族を支援しており、市社会福祉審議会分科会は昨年10月、「姉妹に危害が及ぶリスクは想定可能だった」との検証報告書をまとめていた。

 起訴状によると、一戸被告は昨年1月26日夜、自宅寝室で、次女(当時11歳)の右腹部を包丁で刺して出血死させ、三女(同8歳)を刺して重傷を負わせたとされる。一戸被告も自分の腹部を刺してけがをした。【遠藤修平】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140120-00000106-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

多汗症・ワキガをシャットアウト!スッキリサラサラ7日間メールセミナー



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。