スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誤送信の捜査資料に被害者氏名…回収した県警

 



 大分県警は20日、通貨偽造事件の捜査に関する内部文書を、県内の報道機関11社に誤ってファクス送信した。

 文書には被害者の個人情報が含まれており、県警は同日、各社に経緯を説明し、回収した。

 県警によると、同県中津市と宇佐市の商店で、偽1万円札が1枚ずつ使われているのが見つかり、18、19日に相次いで届け出があった。偽札はコピーかプリンターで印刷して貼り合わせたようなものだった。誤送信した資料はこの事件に関する報告書2枚で、商店の場所や被害者の氏名、連絡先などが書かれていた。

 当直担当の50歳代の男性警部補が、報道機関向けに事件の概要を説明する発表文をファクスする際、補助資料として内部文書も送る必要があると勘違いしたという。県警広報課は「報道機関に提供すべきではない捜査情報を誤って送ってしまい、申し訳ない。再発防止に努める」としている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140121-00000219-yom-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

重度の吃音(どもり)を35日で解消した経緯



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。