スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こだわり復興住宅、HPで…住民交流促進も図る

 



 復興庁は、東日本大震災の被災地で「こだわり」を持って設計された復興住宅を紹介する試みを始める。

 住民の交流促進や、地元産材を多用して地域産業の活性化を図るなどの工夫を凝らした事例を、21日からホームページ上で公開。同庁では「少子高齢化や産業空洞化は全国共通の課題。被災地の先行例を今後のまちづくりの参考にしてもらえれば」と期待を込める。

 同庁が紹介するのは、「活力ある超高齢社会」や「子どもの成長を見守る社会」などをテーマにした事例で、復興政策で掲げる「新しい東北」像にふさわしい20件。昨年8月に完成した、岩手県大槌町・大ヶ口(おがくち)地区の復興住宅は、周辺の景観に合わせた長屋風の和風建築で、同町産材を約6割使用。各戸に縁側を設け、住人と歩行者との交流が生まれるようにした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140120-00001427-yom-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

楽譜が読めなくてもピアノは弾ける!30日でマスターするピアノ講座♪



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。