スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

井上環境副大臣が候補地訪問=指定廃棄物処分場で—宮城県




 環境省の井上信治副大臣は21日、東京電力福島第1原発事故で発生した放射性物質を含む「指定廃棄物」の宮城県内の最終処分場候補地となった栗原市と加美町、大和町を訪れた。副大臣は、3市町に改めて詳しい地質調査などの受け入れへの協力を求めた。
 副大臣によると、佐藤勇栗原市長は「3市町で足並みをそろえること」を条件に調査を受け入れる意向を表明したという。一方、猪股洋文加美町長は「町として協力するつもりはない」と要請を拒否。浅野元大和町長は「議会や住民と話した上で調査を受け入れるか検討したい」と述べるにとどまった。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140121-00000058-jij-pol
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

多汗症・ワキガをシャットアウト!スッキリサラサラ7日間メールセミナー



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
すぎはら 美里(すぎはら みり)は、暴走族総長などの経験・気質から、視聴者や歌舞伎町内の人々から相談の絶えない存在となり、現在も多くの相談が寄せられる。とくに女性からの支持が多く、街角で呼止られ、そのまま相談といったケースもある。性格・面倒見が良く姐御肌だが、実はかなり天然ボケである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。